keep on tryin'

好きなことあれこれ。

"LIFE"

"LIFE"

嵐さん7枚目のオリジナルアルバム

"Time"  (2007.7.11リリース)M13。

初回限定盤には5人のソロ収録。

 

名盤揃いの嵐さんのアルバムの中でも、個人的には

特に名盤と思う一枚です。その中でも隠れた名曲と言われる楽曲。

櫻井翔さん出演の「エイブル」のCMに使われたので、

ファンでなくても聴いたことのある方もあるかもしれません。

私のイメージは、春の終わりから初夏にかけての晴れた休日。

ふと、人生に思いをはせた時感じる気持ち。

 

アコースティックギターのスリーフィンガーっぽいフレーズが、

イントロ(間奏)から、A、A’(A)メロまで続いて爽やか。

(()内は2コーラス目)

そこにコンビやソロのボーカルが入って、

休日っぽい穏やかな空気が流れます。

そこからググっと盛り上がった智ソロ(ニノ・相葉・翔ソロ)

のBメロを経てサビ。

高音域で歌い上げるサビは、歌詞と相まって

メッセージが強く伝わります。

goofyは、この楽曲を始めて聴いたとき、

大変つらい状況にありましたが、このサビとサクラップ

とても励まされた思い出があり、思い入れが強いです。

このラップ詞、歌でなくラップで聴くことに意味がある。

特に「生きるため故生きるのかい?」

という問いかけは重いです。いくつになっても考えます。

 

歌詞を聴いていると、「僕」には希望だけでなく、

つらいことや、闇の中にいるように思えることもあるけれど、

それでも夢に向かって一緒に進んで行こう、という

ストーリーが見えます。

嵐さんのまっすぐな歌声で、それが心にグッと伝わってきます。

 

"コトバノチカラ"というサブタイトルのついたアルバムツアーも、

ファンの間では人気が高いと聞きました。

アルバム、映像ともに是非お勧めしたいです。

 

 

 

 

近況としては、卒論指導が終わりました。

zoomでマンツーマン、1時間、という

丁寧なご指導をいただきました。

とても緊張していたので、終わった今は抜け殻状態。

大きな宿題をいただいたので、気を引き締めなおして

また頑張りたいと思います。

たまっている放送英語も軌道に載せなくちゃ。

とはいえ、ゆっくり、楽しんでやっていきます。

 

 

 

 

"旅は続くよ"

"旅は続くよ"

嵐さん11枚目のオリジナルアルバム

"Popcorn" (2012.10.31リリース)M9。

 

 

夏日が続いた後の寒い雨の日。

久しぶりにストーブをつけて過ごしています。

咲き始めたミツバツツジハナミズキが寒そう。

 

トランペットのファンファーレからの、

デキシーランドジャズを思わせるアレンジ。

仕掛けのあるおもちゃ箱を開けたような曲調に、

太鼓をたたく人形を思い出します。

 

ユニークな曲調とは裏腹な、

ちょっときつめの道のりを旅する歌詞

それでも、笑って肩を組んで進む5人が目に浮かびます。

しんどい時、一緒に歩いてくれる気がしてちょっと頼もしい(笑)。

 

ソロの歌割りは今回もばっちりはまっていて、

先月の記事でも書いたけれど、この手の楽曲での

智くんのポジティブ感はすさまじい。

翔さんの説得力、

相葉くんの励ましてあげたくなる感じ、

ニノのキレのある歌声、

潤くんの芯の通った感じ、

これらが混じった時のチーム感が最強。

あーうまく表現できないけど。

「いいことばかりじゃないけど、

一緒にぼちぼちいきますかね」

と促されるような、嵐さんらしい一曲です。

 

この楽曲にサクラップ、というのもらしくていい。

「何故むかう?」といいつつ進むのも。

 

アウトロのオカリナのスローなメロディは、

夕暮れを思わせて、

「そうはいっても疲れたよねー」と言っている声が聞こえそう。

疲れた時は休んで、また明日頑張ればいいのです。

肩の力を抜きながら頑張れそうな楽曲ですので、

ぜひ聴いてみてください。

 

 

 

"One Step"

"One Step"

嵐さん13枚目のオリジナルアルバム

"THE DIGITALIAN"(2014.10.22リリース) M14。

 

春ですね。

大好きな季節です。

別れと出会いの季節でもあり、

新しいことを始めるにもいい時期です。

参考文献を読み込む毎日なgoofyも、

なんだか新鮮な気分になれる今日この頃です。

単位にならないことを承知で、

放送英語を履修してみたくなります笑。

頑張れそうな気がする、希望溢れる季節です。

 

今回ご紹介する

"One Step" は優しく前を向かせてくれる歌詞と、

ゆっくり目の、でもテンポのいいメロディーが

春にぴったりだと思います。

サブスクで聴けるようです。

 

 

語りかけるようなニノの歌いだし、とてもいいです。

相葉くんの歌声も優しい。

そしてgoofy的ツボがいきなり。

智くんソロの、「通り抜ける風に♪」の

「風」の「か」。

うまく言えないんだけど、

「きっとうまく行くさ!」のこもった「か」なんですね。

智くんは、"Step and Go" や "Up to you" なんかもそうだけれど、

(ほかにもあると思うけど)いわゆる応援ソングでのソロの

ポジティブ感がすごくて、今までどれだけ励まされたことか。

凹んでいる方にぜひ処方したいです。

 

そう。とにかく、この楽曲、歌割りが最高。

どの部分を取っても、ベストな割り振りになっています。

特に聴きどころは、Dメロ?の智ニノの掛け合い。

緩い感じの楽曲に、芯が通った感じになります。

すばらしい。

 

インスト関連では、大サビ前の、音階で上がっていくところ。

めっちゃ盛り上がる。

そして、サビ終わりから間奏・アウトロにかけて鳴っている口笛。

これは翔さんのものです。ご本人がどこかで話していたし、

クレジットもされています。

嵐さんの楽曲では珍しくフェードアウトなんですが、

テンポ運びも相まって、歩いて去っていく感じ。

進んでいく感じなのかな。

春の陽気の中、ちょっと前を向ける感じが心地よい

お勧めの曲です。

 

 

"Daylight" "Find The Answer"

"Daylight"   "Find The Answer"

 

"Daylight"は嵐さん49枚目のシングル。

2016年5月18日リリース。

TBSドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅠ」主題歌。

"Find The Answer"は嵐さん54枚目のシングル。

2018年2月21日リリース。

「99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ」主題歌。

また、昨年12月29日、映画公開に先立ち放送された

「完全新作SP」の主題歌には "Daylight"が、

「99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE」には"Find The Answer"が

使われています。ドラマ放送の時はもちろん、

SPドラマや、映画版の最後に主題歌が流れた時は、

特にグッとくるものがありました。

どちらもイントロから引き付けられる楽曲です。

 

"Daylight" は、印象的なピアノのメロディーで始まります。

オクターブで弾いてるのかな。芯の強さを感じます。

歌詞は、優しく寄り添い励ましてくれる温かい内容。

ラップ詞は櫻井翔さん。

「方向示し続ける僕のノート」という歌詞は、

ドラマの設定とも合うし、学生としてはモチベーション上がります。

サクラップの前半でも、イントロのピアノの旋律が効果的。

個人的には、サビ前のピアノが好きです。力強い歌詞に、

クリスタルな音がベストマッチ。

アウトロのトランペットも美しい。その後ろでもピアノ。

曲を通して、ピアノが素敵な仕事をしています。

元気がない時に聴くと、効きます。

 

"Find The Answer" もイントロからいい。

ギターのフレーズから始まる、

楽曲全体につながる希望に満ちた雰囲気。

歌詞も、ドラマの世界観にマッチした勇気の出る内容です。

あんまりキャッチ―じゃない(失礼)

歌い出しも返って歌詞の説得力が増します。

大サビ部分で私の注目するのは、松潤の下ハモ。

ドラマの主題歌の時は、出演するメンバーがサビでソロを

取ることが多いけれど、この楽曲では下ハモがとてもいい。

存在感が半端ない。

どちらの楽曲も、イントロからのメロディーが

曲中にリフレインになっているけど、とってもいい感じ。

 

暮れにドラマSPを、お正月に映画を観ました。

「真実とは」って考えてしまいましたが、

小ネタの詰まった、こだわりと、いいチームワークの伝わってくる作品で、

観終わった感じは爽やかでした。

まだ公開中だと思うので、お時間ある方は是非。

 

私はと言えば、卒論指導申し込みを終えて、

膨大な量の参考文献に、改めて取り組んでいます。

時間かかりそうだけど、楽しいです。

 

 

 

"We can make it!"

"We can make it!"

嵐さん19枚目のシングル。2007年5月2日リリース。

7枚目のオリジナルアルバム "Time" 、ベストアルバムにも収録。

日テレ系ドラマ「バンビ~ノ!」(松本潤主演)主題歌。

 

だいぶ以前の楽曲ですが、

受験シーズン、科目試験シーズン、

卒論指導申し込みシーズン(笑)ということで、

前向きになり元気の出る、この曲を選びました。

カップリング曲の "Di-Li-Li" もお勧めです)

 

Agness Carlsson "Love Is All Around"が原曲で、

アレンジや構成は、原曲に近いものとなっていますが、

歌詞の内容は、"We can make it!"では、

嵐さんならではの応援歌になっています。

 

今回注目するのは歌詞、Rap詞です。

嵐さんの応援歌での、櫻井翔さんのRap詞は、単なる応援にとどまらず、

聴いた人が心強くなる、一緒に頑張ろうというような、

グッと押し上げてくれるような、温かく力強いのが素敵なところです。

私も今まで、たくさん元気づけられてきました。

 

この楽曲では、

 

Dreamと書いて「目標」と読む

想像の向こう 向こうへと~” ("We can make it!" 2007)

 

と、想像したもののさらに先へと進み、夢をかなえようと言っています。

櫻井さんの歌詞には、この視点がほかの楽曲にも見えます。

例えば

 

”いつかまたね 交点の先で” ("Step and go" 2008)

 

”光と影 その向こうへ (行こう 向こうへ) ("風の向こうへ" 2008)

 

"あるのかとふと疑う そんな日々の向こう側

  微かでも光射す方へと いま僕は向かうよ" ("光" 2017)

 

いま思いつくだけでもこんな感じです。

 

この、「向こう側」という考え方がとても好きです。

果てしなく思える卒論指導も、目の前の目標の向こう側へと頑張っていけば、

いつかゴールにたどりつくのかもしれません(今はそこだよね・・・)。

勉強に限らず、いろいろな局面で支えになってくれる嵐さんの楽曲。

今年も嵐さんに励まされ、勇気づけられながら、少しずつ前に進みます。

 

 

 

2021-2022

今年もお世話になりました。

 

振り返れば今年も嵐さん楽曲紹介ブログでした。

父が倒れたり、初孫たちの相手に大わらわだったり、

勉強に集中できたで一年はありませんでしたが、

家族として頑張れたかなと思います。

 

先日、施設にいる父のところへスマホの説明に行ってきました。

88歳の父ですが、四苦八苦しながらLINEデビューです。

耳が遠いことで電話もままならなかったのですが、

スマホにイヤフォンで快適に話せるようになりました。

たくさんやり取りしたいと思います。

 

今日はでっかい鍋で、お雑煮と筑前煮を作りました。

今年は、お正月準備はこれだけ。

あとは市販のものに助けてもらいます。

年末になって予定が立て込んでしまい、

時間も体力も足りなくなったので。

作ったものは、娘家族と3軒で分けます。

あ、紅白なますも作りました。

これは私のおつまみ用。

今月初めに作ったゆずジャムを入れたら、

おいしくできました。

 

3日まで休んで、卒論再開です。

ひとりで悩みまくっていますが、

これも必要なことなんでしょう。

やることは遅いし、不器用だし、

のんびりな性格なので、

いつになったら出来上がるかわかりませんが、

今は目の前の締め切り目指して全力で取り組みます。

 

来年は明るく平和な年になりますように。

“SHOW TIME”

“SHOW TIME”

2020年11月3日リリース、嵐さん17枚目のオリジナルアルバム

“This is 嵐” M1。

2020年12月31日の東京ドーム無観客ライブでのパフォーマンスが

J Stormから公開されています。

 

www.youtube.com

 

相葉くんがお気に入りだという

(2020年11月3日 ファンクラブサイトのセルフライナーノーツより)

イントロから続くカッティングギターがキレキレでかっこいい。

Aメロ、Bメロは大野→二宮→相葉→櫻井→松本

(2コーラス目は相葉→松本→大野→二宮→櫻井)のリレーで、

サビへの期待感が膨らみます。

特にサビ直前の松潤、翔さんの盛り上げ方は素晴らしい。

サビへの期待感をぐっと高めます。

サビは智翔・雅ニノ潤の掛け合いとユニゾン

終盤のきめゼリフはもちろん松潤

おしゃれで軽やかなこの楽曲を、完璧なチームワークで

こなれた感じに仕上げているのは、さすがだなと思います。

 

今回は公式動画が上がっているので、

この素晴らしいステージに関連して、HIBINOさんのツイート。